H-KのカンフルDaze(デイズ)

 

眼を紫外線から守ろう!

日本人は瞼裂斑という白眼の部分にシミができる
症状を持つ割合が多い。

あるドクターによると、
これは紫外線やコンタクト(特にハード)装用が大きな影響を与えているとのこと。

小さな頃からの蓄積で、
加齢も伴って症状が現れるようだ。

予防には下記が重要!

・眼のUVカットに細心の注意を!
・サングラス、眼鏡、UVカットコンタクトなどが有効

屋外スポーツを頑張る子どもは高学年くらいからUVカットコンタクトの装用がオススメ。

眼の健康寿命にも気をつけたい。






iPhoneから送信

防災のヒント!

東日本大震災から6年。

改めて防災のヒントをまとめておきます。

・火災が起きたら「非常階段で避難!」鉄則。

 非常階段は防火、煙が入らない設計になっている。

・大地震が発生したら、室内の家具や家電は凶器として
 飛んできます。部屋の中はぐちゃぐちゃになるかも。

 「寝室の横には外でも履けるスリッパを常備しよう!」

すばらしいエマーソンの詩

成功とは何か。
しばしば、そしてたくさん笑うこと。

聡明な人々の称賛と、
子どもたちの愛を勝ち取ること。

偽りの友の裏切りを許すこと、
世界を良くして去ること。。。

海外情勢が不安定になると円高へ

2012年にアベノミクスがスタート。
大規模な金融緩和で金利が下がり、円安が広がった。
輸出産業を中心に業績が上向き、
株価上昇、雇用増につながった。

しかしここに来て、
中国の経済減速、EU離脱などの海外不安要因が次々と浮上。

今後要注意なのが下記。

・イギリスのEU離脱通知
・中国の不動産バブル崩壊?
・4-5月の仏大統領選挙、秋のドイツ大統領選挙
 (内向き志向が強まるかどうか)
・オランダ、イタリアの総選挙など


さて、情勢不安定になると「円高傾向が強まる」ことに
ついてのお話。

日本は対外純資産が世界一(約340兆円)を誇る。
そのため、世界の通貨が不安定になると、
安全資産とされる円を買う傾向が強まるのだ。
投資家は漠然とした不安から円を買う。

しかしながら、日本は人口が減り、将来不安が漂う。
企業は儲けをためこみ、個人消費も低調だ。

アベノミクスは本来、企業や個人がお金を積極的に
使うように促す狙いがある。
地に足の着いた取り組みで国民ムードを前向きに転換
させることが求められる。

医療が変わる?

昨今、予防医療、先制医療、未病など、
健康を守るためのキーワードが世間を賑わせている。

超高齢社会を自分らしく過ごすための対策として、
「地域包括ケア」も注目を集める。

また、ビッグデータ、IOTなどによってこれからの
医療がますます変革していくのだろう。

ある先生の興味深い話があった。

・病気の70%は6大疾患だ。
 がん、高血圧、糖尿病、認知症、心筋梗塞、脳梗塞

・がん治療レベルが向上し、がんと共に生きる時代へ。

・高血圧、糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞はすべて血管の病気。

⇒血管の健康維持が健康長寿を導く。
 それが予防、未病の秘訣だ!
プロフィール

H-K

Author:H-K

最新記事
フリースペース
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ