H-KのカンフルDaze(デイズ)

H-KのカンフルDaze(デイズ) > カテゴリー [言葉シリーズ ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

かんしん 同音異義語

・感心→ 心に深く感じること 
・寒心→ ぞっとすること(寒心に堪えない)
・関心→ 興味をもつこと 
・歓心→ 喜ぶ気持ち(上司の歓心を得る)

いろいろありますねー
スポンサーサイト

後ろ髪引かれる

ことわざ

 後ろ髪を引かれる
 
 心残りがしてなかなか思い切れないこと

 ⇒ 後ろ髪を引かれる思いで立ち去った。

言葉: 安普請


 そもそも
 普請(ふしん) 普く請う(あまねくこう)
 
 → 広く平等に奉仕を願う。
   人々や公共事業により建設、修繕すること。

 → 古く明治時代より前の時代は、
   「建設」という言葉が無く、「普請」といっていた。

    
 安普請(やすぶしん)

 →安い費用で家を建てること。粗雑なつくりの家。

言葉:敬服と感服の違い

・敬服(けいふく)

 感心して尊敬の念を抱くこと。

 「~には敬服する」


・感服(かんぷく)

 深く感心して尊敬の念を抱くこと。

 「~には感服する」

 意味は一緒ですが、敬服は敬う気持ちが込められています。

 そのため、
 同等か目上の人に対して「敬服」。
 「感服」は目下の物に対して使います。

言葉:引導を渡す

引導を渡す

 相手をあきらめさせるために、最終宣告すること。
 
 例)そろそろ引導を渡すときがきたね。

言葉:骨肉相食む

骨肉相食む(こつにくあいはむ)

 兄弟や親子など、血縁関係内での争い。

 骨肉の争い(こつにくのあらそい)。

楽市楽座とは

いまさらですが、
楽市楽座のおさらい。

平安、鎌倉時代と、商工業者は、朝廷や貴族に金品を納める
代わりに、商売の権利をもらっていた。

それが、戦国時代に入り、織田信長、豊臣秀吉時代に、
自由に商売ができる市場を設ける経済政策がしかれた。

これが楽市楽座。

ルビコン川を・・・

ルビコン川とは

 イタリアの北東部を流れ、アドリア海につながる川。

 古代ローマ時代、今のフランス側からイタリア(ローマ)に  
 攻め込む際にわたった川。

 当時、ルビコン川の内側(ローマ川)には軍隊が入れない
 ルールで、処罰の対象だった。
 その川をシーザーが渡って進軍する際に、
 「賽は投げられた」と語ったことは有名。

 ⇒ 「ルビコン川を越える、渡る」は、
    勝負に出る、重大な決断をする、といった意味。

言葉:パラダイムシフト

パラダイムシフト

 ある時代を支配する考え方が、劇的に変化すること。

 
 *パラドックス(逆説、矛盾)

  真理にそむいているようで、実際は正しいこと。

  

言葉:開物成務

開成中高の教育方針に
「開物成務(かいぶつせいむ)」がある。

意味は、
万物を開発してあらゆる事業を完成させること。

中国の「易経」にある言葉。

開成中高の柳沢校長先生は
「人間性を開拓開発して、人としての務めを成す。」とも。
プロフィール

H-K

Author:H-K

最新記事
フリースペース
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。