H-KのカンフルDaze(デイズ)

H-KのカンフルDaze(デイズ) > 月別アーカイブ [ 2008年11月 ]

時間のしっぽを追いかけて

メトロポリターナ(産経新聞が発行しているメトロでのフリーペーパー)の
11月号を読んでいたら、おもしろい特集を発見。

「時間のしっぽを追いかけて」
http://www.metropolitana.jp/new.html

だれもが感じる「時(とき)が経つのは速いな。年々速くなる。なんで?」
ということへの答えを探す特集なのです!!

千葉大学の一川准教授の考えは以下の通り。

「子どもの頃って、年間を通して季節にからめたイベントごとが多いです
よね。単調な生活を続けるよりも、特別な出来事や区切りがあり、
気持ちが変化するほど、時間は長く感じます」

つまり、精神的な時間は五感から確実に影響を受ける。
音や光、刺激が強いほうが、時間を長く感じる。
まだ、解明されていない部分は多いということですが、
なんとなく納得してしまいました。

やっぱり日々のルーティン作業ではなく、
刺激的な毎日、感度を高めて過ごしたほうが、
時間を長く感じれられる。

どっちが良いかはわかりませんが、
どちらかというと、時間を長く感じられる刺激的な毎日の方が
良いと思います。

明日から頑張るぞ
プロフィール

Author:H-K

最新記事
フリースペース
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ