H-KのカンフルDaze(デイズ)

H-KのカンフルDaze(デイズ) > 月別アーカイブ [ 2011年01月 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

本:プラチナデータ(東野圭吾)

「プラチナデータ」
2010年 カンフル評価 3.5点(5点満点)
作者 東野圭吾 幻冬社



東野圭吾の作品を初めて読みました。

犯罪のDNA捜査やその捜査システムに絡んで、
警察組織に加え、FBIが関わる大きな事件。
警察官でありながら、二重人格という設定の面白さもある。

半分くらいまでは、スゥーッと作品に引き込まれて、
これは相当楽しいかも?っと読み進みました。

なぜか後半は作者が物語を無理やり展開させているような、
ストーリーの終わりを読者に押し付けているような感じがして、
なぜか不完全燃焼な感じでした。 
結構ほかのレビューでも同じような感想を目にします。

最近読んだミステリーで言うと、
大沢在昌や伊坂幸太郎などには到底及ばない作品な気がする。
スポンサーサイト
プロフィール

H-K

Author:H-K

最新記事
フリースペース
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。