H-KのカンフルDaze(デイズ)

H-KのカンフルDaze(デイズ) > 月別アーカイブ [ 2011年05月 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

本:ブルーもしくはブルー

「ブルーもしくはブルー」
1996年 カンフル評価 4点(5点満点)
作者 山本 文緒 角川文庫





ホラーよりも怖い恋愛ファンタジー、と評される。

主人公のOLは、ある日「もう一人の自分」を目にする(ドッペルゲンガー)。
全く異なる環境で過ごすこの「二人」は、
期間限定で入れ替わることを決行する。

一人は、東京で広告代理店勤務の夫と何不自由ない家庭で過ごすが、
夫に対する感情は冷め切っている。
夫婦それぞれに浮気相手もいて、離婚寸前状態。

一方、「もう一人の自分」は、九州で板前の古風な夫と
同じく結婚生活を送る。一見地味とも言える環境。

この二人が入れ替わることで、ない物ねだりからか、
一時は楽しい生活を送っているが、やはり終わりは来る。。。


現実にはあり得ない設定ですが、
結婚生活、夫婦関係、恋愛トラブルなどなど、
直面する出来事はまさにリアリティがあるものばかり。

なるほどなぁと感じさせるシーンがたくさんありました。

あとで知りましたが、NHKでドラマ化もされていたのね!

スポンサーサイト
プロフィール

H-K

Author:H-K

最新記事
フリースペース
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。