H-KのカンフルDaze(デイズ)

H-KのカンフルDaze(デイズ) > 月別アーカイブ [ 2011年06月 ]

言葉:社会の木鐸

社会の木鐸(ぼくたく)とは・・・

少し前まで、新聞社のことをそう読んでいたらしい。
今じゃ、もう聞くことがほとんどない死語にちかいか?

「木鐸」は、その昔、法令を宣布するときに鳴らした大型の鈴のこと。
それに「社会の」がつくと、新聞や新聞記者のことを表現した。

メディアが多様化する中で、新聞の定位置が変化しているからか。


プロフィール

H-K

Author:H-K

最新記事
フリースペース
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ