H-KのカンフルDaze(デイズ)

H-KのカンフルDaze(デイズ) > 月別アーカイブ [ 2012年07月 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

本:ピース

「ピース」
2009年 カンフル評価 4.0点(5点満点)
作者 樋口 有介 中央公論新社


埼玉の田舎町にあるジャズバー。
登場人物は、元公安のスナック店主に住み込みで働く青年、
その他、個性豊かな常連客。

その田舎町に突如として、バラバラ殺人事件が連続する。

果たして犯人はだれなのか、その動機は?

読み始めると一気に作者の世界に引き込まれる、
スピード感あるミステリー小説。

事実かどうかは別として、
公安が戦前の陸軍中野学校(諜報活動を主とする)に
由来していることや、
三億円事件が学生運動を取り締まるために
ローラー捜査を行い根こそぎ摘発ができたとする
「公安陰謀説」などの記述も初めて知ったので、面白かった。
スポンサーサイト
プロフィール

H-K

Author:H-K

最新記事
フリースペース
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。