H-KのカンフルDaze(デイズ)

H-KのカンフルDaze(デイズ) > 月別アーカイブ [ 2017年03月 ]

海外情勢が不安定になると円高へ

2012年にアベノミクスがスタート。
大規模な金融緩和で金利が下がり、円安が広がった。
輸出産業を中心に業績が上向き、
株価上昇、雇用増につながった。

しかしここに来て、
中国の経済減速、EU離脱などの海外不安要因が次々と浮上。

今後要注意なのが下記。

・イギリスのEU離脱通知
・中国の不動産バブル崩壊?
・4-5月の仏大統領選挙、秋のドイツ大統領選挙
 (内向き志向が強まるかどうか)
・オランダ、イタリアの総選挙など


さて、情勢不安定になると「円高傾向が強まる」ことに
ついてのお話。

日本は対外純資産が世界一(約340兆円)を誇る。
そのため、世界の通貨が不安定になると、
安全資産とされる円を買う傾向が強まるのだ。
投資家は漠然とした不安から円を買う。

しかしながら、日本は人口が減り、将来不安が漂う。
企業は儲けをためこみ、個人消費も低調だ。

アベノミクスは本来、企業や個人がお金を積極的に
使うように促す狙いがある。
地に足の着いた取り組みで国民ムードを前向きに転換
させることが求められる。

医療が変わる?

昨今、予防医療、先制医療、未病など、
健康を守るためのキーワードが世間を賑わせている。

超高齢社会を自分らしく過ごすための対策として、
「地域包括ケア」も注目を集める。

また、ビッグデータ、IOTなどによってこれからの
医療がますます変革していくのだろう。

ある先生の興味深い話があった。

・病気の70%は6大疾患だ。
 がん、高血圧、糖尿病、認知症、心筋梗塞、脳梗塞

・がん治療レベルが向上し、がんと共に生きる時代へ。

・高血圧、糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞はすべて血管の病気。

⇒血管の健康維持が健康長寿を導く。
 それが予防、未病の秘訣だ!

死ぬ気でやれよ、死なないから・・・

誰の言葉か知らないが、
働き方やワークライフバランスの改善が
求められるこのご時勢とは間逆なフレーズ。

「死ぬ気でやれよ、死なないから。」

とはいえ、なかなかの名言だと思う。

やはり、気合、気持ち、熱意、これは大事!
プロフィール

H-K

Author:H-K

最新記事
フリースペース
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ