H-KのカンフルDaze(デイズ)

免疫細胞の話

ヒトには、ウイルスなどの異物が体内に侵入すると
免疫細胞がこれを攻撃、体調の悪化を防ぐ仕組みが
備わっている。

がん細胞は盾を使って攻撃を防ごうとするが、
オプジーボは盾を無力化し、死滅に追い込む。

このメカニズムを発見したのが京都大学の
本庶先生だ。

免疫療法は、手術、抗がん剤、放射線に続く、
がんの「第4の治療法」として確立が待たれる。

オプジーボは「全てのがんに効きそうだ」と
期待されている。

現時点ではメラノーマと肺がんだけだが、
将来的には十数種類のがんでてきようできるように
臨床試験が進められている。

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://kamfer.blog49.fc2.com/tb.php/1018-6f25ebfd
プロフィール

Author:H-K

最新記事
フリースペース
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ