H-KのカンフルDaze(デイズ)

H-KのカンフルDaze(デイズ) > 映画 > マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

2008年 アメリカ カンフル評価 3.5点(5点満点)

オーウェン・ウィルソン、ジェニファー・アニストンの
新聞社に勤める夫婦が、お馬鹿な犬を飼い始め、
そのどたばたライフが展開される。

この犬は、ラブラドール・レトリーバー。
とても人懐っこく、賢い犬。
ただし、やっぱりはじめはヤンチャそのもの。

私の家にいる愛犬も、
カーナビのモニターをかじったり、リモコンを食べたりしました。
昔地元の友人宅では、ファミコンを食べる犬もいた気がします。

この映画のポイントはやっぱり、
夫婦の間に家族として存在する犬と、
産まれてくる子どもたちとの成長ストーリーでしょう。

話の展開は少し予想通り(でも号泣 つД`;)ふぇ~ん)で、
また観たい、おススメレベルまでは到達しませんでした。

ちなみに、監督は、「プラダを着た悪魔」デヴィッド・フランケルなんですね。

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://kamfer.blog49.fc2.com/tb.php/176-a33bfdec
「オーストラリア」・「罪とか罰とか」に続いて、今年3本目の試写会鑑賞。 「フラットパック」の一員のオーウェン・ウィルソンと、ジェニファー・アニストンの共演作なんて、見逃せませんよーーー。 2009.05.06 03:17
プロフィール

H-K

Author:H-K

最新記事
フリースペース
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ