H-KのカンフルDaze(デイズ)

H-KのカンフルDaze(デイズ) > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 発見 > 日本最初の和歌 八雲立つ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

日本最初の和歌 八雲立つ


八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣を

「八雲立つ 」は出雲の枕詞

日本最初の和歌で、
ヤマトノオロチを退治したスサノオが、その妻クシナダ姫と
訪れた出雲で詠んだとされる。 雲が何重にも立ちのぼり、雲が湧き出るという名の出雲の国に、 八重垣を巡らすように、雲が立ちのぼる。 妻を守るために、俺は宮殿に何重もの垣を作ったけど、 ちょうどその八重垣を巡らしたようになあ。

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://kamfer.blog49.fc2.com/tb.php/233-646b26ea
プロフィール

H-K

Author:H-K

最新記事
フリースペース
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。