H-KのカンフルDaze(デイズ)

H-KのカンフルDaze(デイズ) > スポンサー広告 > スポンサーサイト> > 本:マリス博士の奇想天外な人生

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

本:マリス博士の奇想天外な人生

「マリス博士の奇想天外な人生」
2004年 カンフル評価 4.5点(5点満点)
作者 キャリー・マリス 翻訳 福岡 伸一  ハヤカワ文庫





ノーベル化学賞を受賞した天才マリス博士。

でも、気まぐれ、女性好き、LSDをやった経験も持つ。
ノーベル賞を受賞した際も、サーフィンに興じていたという。

そのマリス博士のエッセーを集めた自伝だ。
しかも、大好きな青学 福岡教授の翻訳です。
特に感動したのが、
「ヒトは、目視しなくても誰かが背後に立っていることを知覚出来る。
 これは何か?うまく説明できない何かがそこにはある。」という件。

この場合、「気配を感じる」ということになるのだろうが、
五感だけではないといえる。

人間には五感という五つの小さな窓を持っている。
その小さな窓にとらわれの身ではあるが、
それだけではない不思議な能力を持っているということ。
重力を感じる能力、時間を感じる力なども持つ。

また、LSD体験の描写も面白い。
「お互い心の部屋に入り、何を考えているかがわかる。」
マリス先生とその友人が、黙って紙に書いて見せ合うと
見事当たってしまうという。

そのほか、一万日目の誕生日も面白い。
27歳3ヶ月目くらいに訪れる。

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://kamfer.blog49.fc2.com/tb.php/277-319b7c59
プロフィール

H-K

Author:H-K

最新記事
フリースペース
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。