H-KのカンフルDaze(デイズ)

H-KのカンフルDaze(デイズ) > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 発見 > 大多喜城と館山城の話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

大多喜城と館山城の話

千葉の城めぐりをした。

といっても、館山城と大多喜城の2つ。
でもそこに大きな発見があった。

・大多喜城
 16世紀前半に武田一族が築城したとされる。
 その後、徳川家康が江戸城に入り、
 その際に、東国一の勇士とされる家臣の「本多忠勝(徳川4天王の一人)」
 に与えて、安房の里見氏の勢力をおさえようとした。

・館山城
 上記の安房の里見氏が築城したのが、館山城。
 房総半島で勢力を拡大していた里見氏だったが、
 1590年頃、秀吉の不興を買い、上総・下総は没収。
 安房一国のみが安堵される。その安房の館山藩庁が館山城だった。
 南総里見八犬伝のモデルとなったのは、
 ちょっと遡って室町時代の里見義実氏。

歴史が苦手ですが、
千葉もいろいろありますな。

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://kamfer.blog49.fc2.com/tb.php/476-b4a6d0f3
プロフィール

H-K

Author:H-K

最新記事
フリースペース
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。