H-KのカンフルDaze(デイズ)

H-KのカンフルDaze(デイズ) > > やっぱり箱根駅伝!!

やっぱり箱根駅伝!!

箱根駅伝やっぱりよいねー。
三浦しをんの「風が強く吹いてくる」を実況と
シンクロさせながらエンディングの部分を読んでみました。

作品はもともとその臨場感が伝わってくるすばらしい内容
なのですが、実況聞きながら読んだらどうかなーなんて思って、
ちょうど暇だったので、読んじゃいました。
(相当マニアックかもしれません)

あんまり箱根駅伝とは関係ありませんが、改めて感じたのは、
最後に作品の主人公「蔵原走」が「走るってどういうことなのか」という
自問自答をしているシーンが、
なんかクライマーズハイの「何のために登るの?」「おりるために登るんさ」
にとても似ている!

なんか、「生きるってスバラシイっ!」みたいに
少し哲学的になりますが、
「答えがでない問いに対して走り続ける」って気持ちいいかも。

考えすぎるとよく分からなくなるのでこの辺でやめときます。

→箱根ネタをひとつ
 優勝した東洋大学。初優勝だし、不祥事もはねのけての優勝なんて、
 すごいことじゃない!と思う。
 ただし、その背後には、部員の痴漢行為に責任を取って辞任した川嶋監督
 (この人の講演は何回か聞きましたが、すばらしい人です)や当日に6区エントリーを
 変更された大西主将など、さまざまな思いがあってこそ実った優勝だったんです。
 




Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://kamfer.blog49.fc2.com/tb.php/50-90869b0a
プロフィール

H-K

Author:H-K

最新記事
フリースペース
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ