H-KのカンフルDaze(デイズ)

風が吹けば桶屋が儲かる

「風が吹けば桶屋が儲かる」という言葉の意味を
ちゃんと知りたいと思い、調べました。

http://www.sanabo.com/kotowaza/arc/2004/12/post_826.html
(ことわざデータバンクより)
意 味:一つの事件が、めぐりめぐって意外なところに影響が出ることのたとえ。
また、見込みのないことを当てにすることのたとえ。

①風が吹くと砂埃がたって目に入り失明する人が増える。
②失明した人は三味線で生計を立てようとする。
③三味線の胴を張る猫の皮の需要が増える。
④猫が減るとねずみが増える。
⑤ねずみが桶をかじるから桶屋がもうかる。
そういう落語から。

「バタフライ効果」もこれに類するようです。
蝶の羽ばたきが嵐を引き起こすか、というもの(未来は予測できない)

さらに言うと、セレンディピティ(英: serendipity)というものもあります。
以下はwikiより。
何かを探している時に、探しているものとは別の価値あるものを
見つける能力・才能を指す言葉である。
何かを発見したという「現象」ではなく、何かを発見をする「能力」のことを指す。
(平たく云えば、ふとした偶然をきっかけに、幸運を掴む事。)

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://kamfer.blog49.fc2.com/tb.php/70-78c29024
プロフィール

H-K

Author:H-K

最新記事
フリースペース
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ