H-KのカンフルDaze(デイズ)

H-KのカンフルDaze(デイズ) > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 発見 > 中嶋 嶺雄氏 グローバルの考え方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

中嶋 嶺雄氏 グローバルの考え方

中嶋嶺雄氏の講演会で感じたこと。

・国際化とグローバル化は全く違う概念。
 国際化は水平的で、internationalの文字の通り。
 グローバル化は、立体的で、国家間同士などという
 一元的な考えではなく、
 地球全体的、もっと包括的なニュアンスが含まれる。

・大学のグローバル化に必要なものとは。。。

 東大のような秋入学やギャップイヤー対策なども
 有効な手段だが、
 必要な要素の一項目に過ぎない。

 ・英語で学ぶカリキュラムの充実
 ・半期で単位を取得できる完全セメスター制の導入
 ・提携大学など留学機会の拡大(交換留学など)
 ・世界的に導入されているGPA制度(学生の評価システム)など

 このような取り組みを積極的に進める必要があるとの見解だ。

 さすが、中嶋氏。とても勉強になりました。

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://kamfer.blog49.fc2.com/tb.php/758-773321c4
プロフィール

H-K

Author:H-K

最新記事
フリースペース
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。