H-KのカンフルDaze(デイズ)

大学改革の課題とは

いつかの新聞で大学改革について
有識者のコメントがあった。

ヒントとなるフレーズを書きとめておく。

・「学生の自主性」を尊重する考え方は、
 実質的に放置状態といえる。
 米国のように対話型授業による
 人格形成などを目指す必要がある!
 
・経済がグローバル化している以上、
 人材の国際競争力を高める必要がある。
 そのために大学へ求められているのは「教育の質」だ!

・社会の中核世代の学び直しとして、
 大学活用も今後期待したい。
 現在企業の研修の受け皿はほとんどが民間企業。
 大学の活用も大いに検討したいもの。
 これは大学経営だけでなく、教育の質向上にも資するはずだ。

・大学の存在は間違いなく国の競争力を高める。

・自然資源に乏しい日本は人材こそが最大の資源。
 エリートだけでなく、社会を支える「分厚い中間層」の
 育成が大切だ。

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://kamfer.blog49.fc2.com/tb.php/763-ec61f8a6
プロフィール

H-K

Author:H-K

最新記事
フリースペース
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ