H-KのカンフルDaze(デイズ)

H-KのカンフルDaze(デイズ) > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 発見 > 歌舞伎について考える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

歌舞伎について考える

歌舞伎座がリニューアルとなって、
何かと歌舞伎に関する話題を最近よく目にする。

歌舞伎は、興味があるものの、
観劇したこともなければ、その時代背景なども
まったく知らなかった。

新聞などの特集を読んで、
ちょっとずつ関心が高まってきた。

・歌舞伎の歴史

 「出雲阿国(いずものおくに・女性)」。←歌舞伎の創始者とされる
 出雲大社の巫女となり、勧進のために諸国を回り始める。
  ↓
 舞台では男装して茶屋遊びに興じる伊達男を演じて、
 大変な評判となったという。
  ↓
 阿国一座が評判となって遊女が真似をして遊女歌舞伎が流行。
  ↓
 儒学を重んじる江戸幕府が女性歌舞伎を禁止(セクシャルな表現のため)
  ↓
 その後、少年による若衆歌舞伎ができる。
 ただ、これも当時、男色(少年愛)も盛んだったため、
 これも問題となり、
 今の野郎歌舞伎(青年のみ)に変わったという。

・歌舞伎の楽しみ方
 
 歌舞伎の有名な作者「河竹黙阿弥」の子孫にあたる
 河竹登志夫は
 「歌舞伎は『生』の江戸時代が舞台の上に生きている」と話す。

 ブームが落ち着いたら、
 一度はいってみたい。

 当日販売の1演目だけ観劇する「一幕見席」というのもあるらしい。

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://kamfer.blog49.fc2.com/tb.php/816-6d62a426
プロフィール

H-K

Author:H-K

最新記事
フリースペース
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。