H-KのカンフルDaze(デイズ)

H-KのカンフルDaze(デイズ) > スポンサー広告 > スポンサーサイト> その他 > マッキンゼー流教科書を読んで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

マッキンゼー流教科書を読んで

マッキンゼー流入社1年目 問題解決の教科書
(ソフトバンククリエイティブ発行、大嶋祥誉・著)を読んだ。


・まず、マッキンゼーは徹底的な現場主義だという。

 「Client interest first(顧客第一主義)」

 →実際に自分もその現場に入って、困った状況を体感する。

・二つのキーワード。
 「どんなときでも完全な仕事をする」
 「常に前向きに」ということを基本姿勢とする。

・次に、俯瞰して捉える。目の前の事象ばかりを見ない。

・提案、企画書、アイデアは、
 常にセクシーなものを。バリューがあるものを考える。

・あきらめない。

・五感を研ぎ澄ませて、いい思考をする。
 「早寝早起きも一つの方法」

・「自分力」「自分の強み」も徹底的に把握する。

・ランチMTも大事。夜は調整が大変だったりする。

・MTでは「私」ではなく「私たち」を使う。

・提案書に必要なのは「ストーリー」。
 まずは「ストーリー」を考える。

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://kamfer.blog49.fc2.com/tb.php/887-1a53d26c
プロフィール

H-K

Author:H-K

最新記事
フリースペース
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。