H-KのカンフルDaze(デイズ)

因幡の白兎

因幡の白兎 日本書紀(古事記)に出てくる神話のひとつ。

 因幡:だいたい今の鳥取県あたり(少し広げた感じか)

 簡単なストーリー

 主人公は大国主命(おおくにのし)。
 たくさんの兄弟がいて八十神(やそがみ)という神様たちがいました。

 八十神は、因幡にきれいな女性、八上姫(やがみひめ)に求婚するために
 旅に出ました。
 その際、心優しく、控えめな大国主命は従者として同行することになりま
 した。
 道中、浜で毛をむしられて倒れているウサギがいました。
 
 八十神たちは、ふざけて、海水につかり山で寝れば治るよ、と助言します。
 そのとおりにしたウサギはますます痛みがひどくなります。

 遅れて到着した大国主命は、河の真水で身体を洗い、薬草をぬりなさいと
 助言します。

 毛がもとにもどったウサギは予言します。八上姫はきっと八十神ではなく、
 あなたを選ぶでしょう、と。

 じつは、そのウサギは先回りして八上姫にこれまでの経緯を伝えたのでし
 た。結果、ウサギの予言どおり、大国主命に嫁ぐことになったのでした。

 *ちなみに、なんでウサギが毛をむしられたかというと、
  海を渡ろうとしたウサギが、ワニ(今のサメ)にどちらの数が多いのか
  勝負をしよう、と持ちかけます。数えるから一列に並んでくれと言う。
  実は、海をわたれないウサギがワニの上を飛び跳ね、海を渡ろう、
  という魂胆。考えがばれてしまったウサギは、ワニに毛をむしられてし
  まったというわけ。

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://kamfer.blog49.fc2.com/tb.php/895-66e81857
プロフィール

H-K

Author:H-K

最新記事
フリースペース
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ