H-KのカンフルDaze(デイズ)

H-KのカンフルDaze(デイズ) > カテゴリー [健康 ]

鎌田實さん 健康寿命延伸の秘訣

何かの番組で
鎌田實さんが健康寿命について語っていた。


いま、医療分野の研究が進んできて、
老化やがんを防ぐ方法が分かってきた。
キーワードは「フリーラジカル」。

攻撃的な活性酸素で、老化やがんを促進する物資だとうい。

このフリーラジカルの活動を抑えれば、
長寿が実現できるという。

そのためには・・・

・食生活!「腸の健康を保つこと」
 人間は60兆の細胞でできている。そのうち2兆が免疫細胞。
 その6割が腸にある。

 ⇒発酵したものを食べよう(豆腐、納豆など)。
 ⇒食物繊維の摂取を(きのこ、野菜)。
 ⇒減塩

・副交感神経(リラックスするための神経)を活性化させる
 身体をリラックスさせ、ストレスから開放させることが大事。
 
 ⇒ゆったり入浴する、ストレッチ
 ⇒音楽鑑賞(ゆったりしたもの)など

・セロトニンの分泌を促進しよう
 人間にとってとても大事な神経物質。「幸せホルモン」と呼ばれる。
 心身の安定や心の安らぎに関与する。
 感動するとたくさん分泌されるとも言われる。

 ⇒映画鑑賞などで感動を得る
 ⇒食べ物でも摂取ができる(赤身の魚、チーズ、納豆、豆腐など)

・オキシドシンの分泌も!
 「癒しホルモン」と呼ばれ、脳の疲れを癒し、心の安定を与えてくれる。

 ⇒家族との団らんや恋人とのスキンシップなどが分泌を促進するという。

こないだアブラナ科の野菜(ブロッコリー、大根など)が、がん化を防ぐ
という話を紹介した。

ざっくり言うと、
・野菜、キノコ、発酵食品をたべよう!
・副交感神経を活性化して、リラックスしよう!
・セロトニン、オキシドシンを分泌しよう!

備えよう、認知症

何かの週刊誌で興味深い記事を読んだ。

超高齢化社会まっしぐらの日本。

認知症患者数も急増している。

いろいろな研究から、この認知症、

発症の20年くらい前から「アミロイドβ」
という物質が蓄積し始めている、とか。

つまり、早ければ40歳代から危険信号を
発し始めるということ。

いろんな薬が開発されてきているが、
画期的な研究が進められている。

「インドの金塊」と呼ばれるウコンには、
根本治療に役立つかも、という発見だ。

どこまで真実かは分からんが、
カレーをはじめとしたウコン料理を堪能したい!

アブラナ科の野菜を食べよう!

アブラナ科の野菜は、がん化を防ぐ効果があるという報告が
あったという。

グルコシノレートという成分に発がん物質の解毒作用があるとのこと。

例えば、

・ダイコン
・ブロッコリー
・キャベツ
・カイワレダイコンなど

どんどん食べたい!
プロフィール

H-K

Author:H-K

最新記事
フリースペース
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
月別アーカイブ